翼歯科口腔クリニックで治療予約する

医院ブログ

2015年02月28日

3段階ある滅菌器のクラスと衛生に関するよくある3つの質問

DSC_02832-730x410

 

患者さんが普段は目にすることがない滅菌器という機器。

滅菌器はどこの歯医者さんにも必ずある機器です。

この滅菌器というのは、患者さんのお口の中に使用する鏡 (ミラー) や金属製の爪楊枝 (スケーラー) のような器具を滅菌するために使用する機器です。

歯科医院は医療機関であるため、患者さんの安全を守るのも務めです。

そのためこのような機器を使用し万全の衛生管理を行っています。

当院の滅菌器は最も厳しいとされるヨーロッパ基準に達した滅菌器です

滅菌器には器具をどのくらい滅菌できるのか、という3つのクラス分けがされています。

【 クラスN 】

▲通常の歯科医院で使用する滅菌器

▲ミラーやスケーラーなどが滅菌できるクラス

【 クラスS 】

○お口の中の唾液を吸い上げる少し複雑な形状のチューブなどを滅菌できるクラス

【 クラスB 】

◎歯を削るような器具の中身がとても複雑な作りになった器具も滅菌できる最高クラス

当院では少しでも患者さんが安心して通院できるように最新の機材を使用して万全の衛生管理を行っています。

mekkin

 

よくある衛生に関する3つの質問

除菌、殺菌、滅菌、何が違うの?

【 滅菌 】

文字通り全ての菌を(微生物やウィルスなど)を死滅させることです。

微生物の生存できる可能性が100万分の1以下になることが滅菌の定義となります。

微生物だけでなくたんぱく質まで死滅するレベルです。

【 殺菌 】

薬品などを使い、細菌やウィルスなどの微生物を死滅させることを言います。

殺菌は感染症の予防や、食品の鮮度保持が主な目的となります。

医薬品や薬用石けんなどの医薬部外品で使うことができる表現です。

【 除菌 】

増殖可能な菌を対象物から物理的に有効数減少させることを除菌と言います。

石鹸で手を洗う、水で流す、拭き取るなど、物理的に菌を一定数取り除くことが除菌です。

 

スリッパを殺菌している歯科医院も今は増えてきていますね。

目に見えない菌に対する考え方は人それぞれですが、当院では目に見えないからこそ最高の機器を使用し徹底的した衛生管理を行っております。

© 翼歯科口腔クリニック