翼歯科口腔クリニックで治療予約する

医院ブログ

2015年02月28日

図で見るインプラント治療6つの工程

img1-730x410

 

インプラントはその日に治療して「はい、終わり」という訳にはいきません。

インプラントの埋め込みは手術なので、治癒期間も必要となります。

それでは図を使用しながらインプラント治療の流れを見ていきましょう。

 

1・検査

imp1まずはお口の状態を検査します。

虫歯や歯周病になっている場合、すぐにインプラント治療を行うことはできません。

まずはお口の治療が必要と判断されたら治療が先となります。

 

 

 

 

 

2・CT撮影

imp2お口の中に問題がなければCT撮影を行います。

CTとは病院などにある体を断面的に、立体的に見えるようにするレントゲンです。

先進医療機器として導入している歯科医院もあるので、CTがある医院だとそのまま撮影ができます。CTが無い場合だと、大学病院やかかりつけの先生の知り合いの医院に行き、撮影することもあります。

 

 

 

 

3・インプラント埋め込み第1次手術

imp4インプラントは顎の骨に直接インプラントを埋め込みます。

骨に穴を開けると聞くと怖いイメージがありますが、治療中は麻酔をしますので痛みが無く安心です。

(インプラントは骨の状態により、すぐに手術できない場合もあります。骨が薄くなっている、埋め込む方向に骨が足りない、病気で骨が弱っているなど)

 

 

 

 

 

4・治癒期間

imp3インプラントと骨が結合するまで治癒期間をおきます。人によって期間は変ってきますが、3ヶ月~8ヵ月ほどです。手術後数日は硬いものや顎に負担のかかる食べものは控えるようにしてください。

顎の骨の中のインプラントが不安定な状態なので、万が一、無理して傷口が開いたり、インプラントの方向が曲がってしまっては大変です。

 

 

 

 

 

5・第2次手術

imp5骨とインプラントが結合し安定したら、被せ物を載せるための頭の部分(アバットメント)を装着します。アバットメントを装着してから1~6週間後に被せ物を被せることができるようになります。

もう少しの辛抱です。あと少しがんばりましょう。

 

 

 

 

 

6・被せ物を装着

imp6歯茎が治ったら被せ物を作るために歯型を取り被せ物を作ります。被せ物は色や強度、透明感など色々な種類があるので、どのような被せ物にするかは医師とじっくりご相談ください。

 

これで治療は終わりですが、インプラントは被せ物を装着してからが本当の始まりです。

 

 

 

 

 

インプラント生活スタート

imp7インプラントは虫歯になることはありませんが、インプラントを埋め込んだ歯茎が歯周病になることがあります。

歯周病は日本人が歯を失う最大の病気です。

長い期間かけて埋め込んだインプラントも、重度の歯周病になると抜けてしまいます。そうならないようにするためにも、日々のブラッシングと定期検診、医院でのクリーニングを行い、長くインプラントを使用できるようにしましょう。

© 翼歯科口腔クリニック