翼歯科口腔クリニックで治療予約する

院長ブログ

2016年01月27日

インプラント治療~種類~

インプラントには大きく分けて2つのインプラントがあります。

 

1.チタンインプラント

チタンと呼ばれる金属を使用したインプラントで最もメジャーな種類です。

チタンは歯科用インプラントの他、骨折などの大きなケガで骨を固定する際もチタンを用いたプレートを使用しており、非常に生体親和性に優れています。

 

2.HAインプラント

HAインプラントのHAとはヒドロキシアパタイトの略でリン酸カルシウムの一種です。人間の体の骨や歯を構成する成分であるため生体親和性が高く、骨と結合しやすいとされています。

 

当クリニックでは両者のインプラントを症例にあわせて使い分けております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
翼歯科口腔クリニック
住所:相模原市緑区橋本3-31-5
エスポワールIII 2階
TEL:042-703-1957
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016年01月16日

インプラント治療

yjimage3U3V1QAC

インプラント治療などの外科処置に使用する専用の遠心分離機です。

患者さん自身の血液を採血し、この遠心分離機に10分程かけることで、フィブリンゲルが生成されます。

このフィブリンゲルの特徴は、

1.骨ができやすくなる

2.痛みが軽減できる

3.腫れを抑制する

4.傷の治りを促進させる

インプラント治療だけでなく、抜歯などの外科処置後に生成されたフィブリンゲルを傷口に置いておくことで

上記の効果が期待されます。

フィブリンゲルは患者さん自身の血液から生成されるもので、感染等のリスクもなく安心して使用できます。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
翼歯科口腔クリニック
住所:相模原市緑区橋本3-31-5
エスポワールIII 2階
TEL:042-703-1957
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016年01月13日

インプラント治療機器

yjimage

 

 

 

 

 

 

 

当クリニックではインプラント治療に[オステル]を使用しております。

この機器はインプラント安定化指数(ISQ)と呼ばれる数値を計測するものです。

自分の顎にどの程度インプラントがくっついているのかを示すことが可能で、インプラント埋め込み手術後やメンテナンス時などに使用します。

従来、経験的に行われているインプラント埋め込み手術後の上部構造装着までの期間が数値として把握できるため、

より安全・安心なインプラント治療が行えます。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
翼歯科口腔クリニック
住所:相模原市緑区橋本3-31-5
エスポワールIII 2階
TEL:042-703-1957
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

© 翼歯科口腔クリニック